たった3本なのに花見客殺到!…話題の金王桜って?

たった3本なのに花見客殺到!…話題の金王桜って?

渋谷屈指の隠れ家お花見スポット

上野恩賜公園、目黒川、六本木ヒルズ……毎年行っても行きつくせないほど花見の場所には事欠かない東京都内のお花見スポット。

これらのお花見スポットではシーズンになると桜が何本も咲き誇っているのが普通ですが、そんななか
「桜の本数が3本しかないのに、人が殺到する」
という驚愕のスポットを発見。

たった3本なのになぜ人が殺到するのか……
花見っていうのは「桜がたくさんあるから」人が集まるんじゃないのか……
そう純粋に思ってしまった筆者は話題の「3本だけ桜」のスポットを調査してみました

たかが3本、されど3本

choshuhizakura

 

この「たった3本」の桜があるのが渋谷区にある金王八幡宮。
しかし金王八幡宮にたった3本だけある金王桜と呼ばれるこの桜、実は「ものすごい3本」だったのです。
この桜のすごい点を見ていきましょう。

1:種類がすごい

金王桜の品種はソメイヨシノではなく「長州緋桜」という種類です。
新宿御苑でも長州緋桜を見ることはできますが、色もソメイヨシノに比べて赤っぽいため一目で桜とは少しわかりづらいでしょう。
中でも長州緋桜の珍しいところは花の形状。
多くの桜が一重か八重なのですが、長州緋桜は「半八重(※半分一重・半分八重)」という大変珍しい花びらの形状をしています。
お花見をする際は一つの枝をよくよく見てみましょう。

2:言い伝えがすごい

この長州緋桜が金王桜と呼ばれる由来は鎌倉時代の武士「金王丸」といわれています。
渋谷に生まれた金王丸は、源義朝(源頼朝の父親)に仕え保元の乱に出陣。
平治の乱では敗れてしまった義朝の大事を常盤御前(源頼朝の母)に伝え、その後も息子である頼朝に仕えました。
そんな金王丸を頼朝は「その名を後世に残すべし」と厳命。
元々鎌倉の亀ヶ谷の屋敷に合った憂忘桜を金王丸の故郷である渋谷の金王八幡宮に移して「金王桜」と名付けた由緒ある桜なのです。
こちらの桜は江戸三名桜のひとつに数えられ現在まで受け継がれています。

3:花見の時期が短すぎてすごい

長州桜は「見頃三日」とも呼ばれるほど、他の桜と比べたときに見頃が短いのも特徴。
ソメイヨシノが咲き終わったころに開花しだすといわれていますが、それでも美しい状態で鑑賞するのが大変難しいとされています。

さらに、こちらの金王八幡宮で”お花見”ができるのは「3月の第四土日」と決まっているのです。
2016年は3月の26~27日の2日間。
この期間には金王桜のもとで花見をするのはもちろん、金王丸が生前に戦に出陣したときに母に対して形見として自ら掘った「金王丸尊像」や「毒蛇長太刀」なども展示されます。

4:そもそも桜以外もすごい神社だった

そもそも金王八幡宮に人が集まる理由は桜以外のところも大きいのです。

  • 金王桜の横には芭蕉の唄「しばらくは 花の上なる 月夜かな」の石碑がある
  • 金王八幡宮境内にある「玉造稲荷社」や城の石垣の一部がパワースポット。
  • そもそも金王八幡宮は春日局が「家光を将軍にしてほしい」とお願いして叶ったという勝運のご利益がある

といった歴史的にも、ご利益的にもたいへん素晴らしい場所なのです。
特に女性の皆さま、パートナーの出世を祈ってみたらご利益があるかもしれませんよ。
そんなところにさく桜なのですから、桜にすらご利益があるんじゃないかと考えてしまいそうです……。

3/26の金王桜まつりも注目

 

そんな金王八幡宮や金王桜についてお話してまいりましたが2016年も3月26日(土)に金王桜まつりが開催されます。
開催要項は以下の通り

金王桜まつりスケジュール
3/26
土曜日
11:30金王丸祭式典2
12:30花見の宴
※屋台(焼き鳥・豚汁・赤飯・綿菓子など)
14:00ピアノ生演奏
15:00大道芸
16:00カラオケ
※参加自由
17:00花見の宴終了
3/27
日曜日
11:30花見の宴
※屋台(焼き鳥・豚汁・赤飯・綿菓子など)
14:00ジャズ生演奏
15:00大道芸
16:00カラオケ
※参加自由
17:00花見の宴終了
また26日の11:30~14:00の間は金王丸尊像も年に1度の御開帳をするようなので、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

お花見は今まで幾度となくやってきたけど「やっぱ量より質だよね」とお思いのみなさん、あるいはやたら園内を歩かされるのはこりごりというみなさん、たまにはツウな場所でお花見してみませんか?

 ブログランキングならblogram インフォブログランク 

金王八幡宮の概要

桜の開花時期3月下旬~4月中旬
桜の本数3本
桜の品種長州緋桜
※江戸三名桜
入園料・観覧料無料
お問い合わせ03-3407-1811
住所
金王八幡宮公式サイトhttp://www.geocities.jp/ynycr674/
花見の宴毎年3月の第四土曜日