新説:不倫と婚活は並行してもよい。

新説:不倫と婚活は並行してもよい。

不倫している。でも、結婚したい。

不倫している独身女性の多くが抱えているであろう「不倫しているが結婚したい」という悩み。
身近な人に相談できるわけもなくこのページにたどり着いたという方も多いのではないでしょうか。おそらく相談すれば「欲張りな女」と切り捨てられる可能性も少なくないであろうこの悩みですが、本当にこれは“欲張り”なのでしょうか。

不倫女子、現実を見よ。

交際クラブでお相手を見つけて不倫している女性はともかく、そうではない女性も不倫関係を受け入れている時点でお相手はさぞかし素敵な方なのでしょう。年収が高い・イケメンである・優しい・エスコート上手・会話上手……枚挙にいとまありませんが、おそらくこういった方なのではないかと察します。
しかしそこで「私は現に素敵な男性と付き合えているのだから、結婚相手にはそれ以上を求めたい」と考えてしまうのは早計です。あくまでお相手は「不倫相手(あるいは恋愛対象)としてあなたを選んでいる」のであって、「結婚相手としては選ばれていない」という現実を受け入れましょう。

男性にとって「恋愛対象」と「結婚対象」は大きく違います。「交際クラブに入るなら「愛人にしたい女6ヶ条」を叩きこめ。」でもご紹介していますがわかりやすく表で比較すると以下のようになるのです。

求めるもの奥様不倫相手
生活力×
都合のよさ
ときめき×
安定性×

つまり、不倫の基準を引きずりながらの婚活は、自分の市場価値の誤評価につながるのです。

不倫相手と別れてから婚活?別れなくていいんです。

不倫の基準を引きずったまま婚活をすると、ご自身の市場価値を見誤りがちだというお話を先ほどの項目でしました。実際に「不倫 婚活」などでGoogle検索しても

  • 不倫をしているとストレスがかかるため「悪い気」がついてしまうから、不倫相手とは別れるべきだ
  • 不倫は相手がいるという「甘え」のもとになるので、別れるべきだ
  • 今この瞬間も「若さ」を失っているのだから、不倫相手とは別れるべきだ

こんな意見がほとんどです。しかし、筆者はあえて「不倫と並行しての婚活」をおすすめします。一見して非常識ともとれるアプローチですが、筆者が並行作業を勧める理由はひとえに上記の意見が不倫をしたことがない人、なんなら結婚相談所のオーナーなど“女性に不倫をされていると(立場上)自分が困る”人の意見だからです。

  • 不倫相手と別れてから…それは具体的にいつ完了するのですか?(多くの方は、おそらく“別れる”ことに多大な時間的リソースを割くでしょう)
  • 仮に不倫相手と別れてフリーの状況を作ったとして、「彼のことを忘れる」自信がありますか?
  • 彼と別れて婚活に励んで「多くの男性(しかも、彼“以下”と思うような男性)にNOを言われ続ける」ストレスにあなたは耐えられますか?

これらの質問に対して少しでもドキッとするくらいなら、不倫関係は続けつつ婚活をするほうが賢明でしょう。別れようとするその間にもあなたは確実に若さを失うのですから……。

並行作業の肝は、不倫と婚活を切り分けること

ここまでの文章を読んで、「不倫しながら婚活しよう」という覚悟を決めてくださったあなたに、最後に並行作業のポイントをお伝えします。ひとことでまとめるならば「不倫は不倫、婚活は婚活と割り切ること」が重要です。具体的には以下の3点は死守しましょう。

「結婚は素晴らしい」と信じこもう。

不倫経験のある独身女性は既婚男性の恋愛を知っているからこそ、「どうせ結婚できたとしても、この人は将来的に不倫をするだろう。」など男性に対する猜疑心が強い傾向にあるようですが、それでも結婚は素晴らしいものだと自己暗示をかけましょう。

あなたの思う通り「浮気をしない(ほかの女性に心を動かされない)男性」なんて少数派です。浮気や不倫以外の面でも、きっと婚活に成功して結婚にこぎつけた後「一点の曇りもない幸せ」を獲得できることはないでしょう。
しかし、「恋愛と結婚は別物」と前の文章で申し上げた通り、結婚には恋愛にはない魅力があります。特に、セクシュアルな部分に限らず「名実ともに誰かの生活に必要不可欠な存在になれる」ということは恋愛では成しえないと存じます。

「私は幸せになれない」、そんな罪悪感は捨てよ。

不倫をしながら婚活をしようとお考えの女性の中には、「不倫しながらなんて罰が当たるのではないか」「不倫をしている罪悪感がぬぐえない」という心優しい方もいらっしゃることでしょう。
しかし、性格の悪い筆者からいわせればそんなことは関係ありません。どれだけ悪条件を抱えていようとも、あなたを幸せにできるのはあなたしかいないのですから。
不倫をしている自分のことは婚活の場面ではいったん置いておいて、ご自身のいいところ・プラスの面を前面に訴求しましょう。

また、見方を変えれば婚活中に不倫をするのは「チャンス」でもあります。なぜなら「婚活パーティであった人はこの人よりも私に合うかどうか」という判断基準が明確にあるのですから。なんとなくの基準の良し悪しではなく、明確な物差しを持っているのは大きなアドバンテージです。

不倫は不倫で思いっきり楽しもう。

婚活中、空いた時間に不倫相手からデートのお誘いがあった場合は受けても結構です。不倫相手に婚活をしていることを言う必要もありません。
その代わり「不倫は不倫」と割り切って楽しみましょう。純粋に楽しめなくなったとき、そのときが不倫相手とのお別れのチャンスです。
「不倫相手とのデートが楽しめないのに、誘われたからのってしまう」というのだけは精神衛生上よくないので避けましょう。

今回は不倫をしながらの婚活について論じてまいりましたがいかがでしたか?不倫と結婚はあくまで別物。ご自身の幸せをあきらめる必要は皆無です。

Kohsaiは富裕層の紳士のみなさまと、富裕層とお付き合いがしたい淑女の皆さまをマッチングする「交際クラブ」をご紹介するポータルサイトです。
愛人がほしい、パトロンがほしい……そう思ったらぜひKohsaiにてクラブをお探しくださいませ。