不倫のデートスポットを決める判断軸はこれだけ

誰もが悩む不倫のデートスポット

交際クラブでの交際に限らず、不倫の経験がある紳士のみなさまであれば一度は悩んだことがあるであろうデートの場所。通常のデートであれば簡単に行けるような場所でも、婚外恋愛の場合どうしても周囲の目は気になるところ。最悪の場合、パートナーとの関係が悪化して家庭に支障が出る可能性もゼロではありません。

交際クラブで大人の交際を楽しまれている紳士のみなさまの中にはクラブの女性スタッフさんやオーナーさんに相談しているという方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は「そこまでサポートしてくれるクラブではない」という方や、交際クラブ経由の交際ではない不倫関係のため誰にも相談できないという方のために、Kohsai運営部が不倫の際におすすめのデートスポットを○つご紹介いたします。

“判断基準”を満たしたデートスポットを選ぶべし

紳士のみなさまが不倫デートの場所選びの際に持っておくべき判断基準、それは「周囲の目を気にする必要なく」なおかつ「彼女を退屈だと思わせない」ことです。極論これさえ守れていれば、以下でご紹介する場所でなくとも構いません。
しかしいきなりこんなことを言われても「じゃあそれってどこなの?」となる方も多いはず。この項目では、先ほどの判断基準を満たしている不倫デートに最適なデートスポットの代表例を○つご紹介いたします。

不倫デートの王道、個室レストラン

一般的なカップルにも人気の個室レストランですが、個室であるがゆえに不倫のデートシーンでも利用可能。個室なので周りを気にせず会話できるのに、普通の“彼氏・彼女気分”も味わえます。
また彼女からしても、体の関係ばかりになりがちな不倫関係のマンネリを解消してくれるのはもちろん、女性ひとりではなかなか行けないラグジュアリースポットなので連れて行ってもらって嬉しいスポットでしょう。
以上の理由から、個室レストランは多くの交際クラブの女性スタッフさんやオーナーさんがおすすめするデートスポットのひとつにもなっています。

不倫デートの王道②、シティホテル

交際クラブの女性スタッフさんやオーナーさんがおすすめするもうひとつのスポットがシティホテル。「個室レストランでお食事した後に、シティホテルで過ごすのはいかがですか?」と提案される会員様はかなり多いことでしょう。シティホテルも個室レストラン同様、判断基準を存分に満たしています。

シティホテルはラブホテルやビジネスホテルと比較するとお値段も格式もお高め。なので、お子様がいる家族連れや、普通の近隣住民が利用する可能性は限りなく低いのです。
また、奥様が万一興信所に不倫の依頼をしていた場合でも、ラブホテルへの入室は即“アウト”と認定される一方、シティホテルであれば“グレーゾーン”判定なのでリスクヘッジにも有効です。

彼女に退屈だと思わせないといったニーズも十分満たすでしょう。シティホテルの豪華なお部屋や調度品はそれだけで女性の心をときめかせてくれます。
また、シティホテルの中には宿泊客のみが利用できるスパ、プール、ショップ、バー、レストランといった施設も豊富です。万一彼女さんが「お部屋に飽きた」と言ったとしてもいくらでも他に満足させる方法は残っています。

芸能人も御用達、カップル可能のリラクゼーション施設

「シティホテルや個室レストランは飽きた。だからといって遠出をするのは気が向かない。」
そんな紳士の皆さまにおすすめしたいのが、カップル利用可能なマッサージ・リラクゼーション施設。日々のビジネスシーンや家庭での疲れを癒しながら、パートナーとの時間を楽しめる一石二鳥のデートスポットです。
それだけではなく、彼女さんからしてみても

  • いつもとは違った非日常空間が味わえる
  • キレイになれる
  • 疲れも癒される
  • 彼との時間を気兼ねなく過ごせる

といったいいこと尽くしのスポットです。

一時期不倫で話題となった女優Hさんと、イケメン俳優Sさんも、カップル限定の個室マッサージで愛をはぐくんでいたのだとか。プライベートの流出に敏感な芸能人も使う施設ということは、信用が置けるのではないでしょうか。

旅行気分もいいかも、別荘。

シティホテルや個室レストランは飽きてしまった。リラクゼーション施設は近場すぎる……。
そんなときにおすすめしたいのが別荘を使うという手段。富裕層の紳士のみなさまであれば持っているという方も少なくないのでは?
別荘なんてそうそういけるものではないからというのはもちろん、別荘地は自然が豊かで、都会とは違った癒しや開放感も味わえるので彼女もきっと大満足。人目にもつきにくいので、不倫のデートスポットとしては十分及第点です。
ただし、別荘には休日奥様も立ち入るでしょうから、証拠の事後処理だけはきっちり行いましょう。

旅行気分もいいかも②、海上デート

また船舶免許をお持ちの紳士のみなさまであれば、ご自身のクルーザーやヨットで海上デートもよいでしょう。そもそも水面なので人目につきにくいですし、船舶免許を持っている女性は男性と比べて少ない(全体の2割程度だそうです)ので、おそらく彼女さんもマンネリにはならないでしょう。

こちらもお休みのさいには奥様も乗船なさると思いますので事後の証拠隠滅は必須。
さらに海上は日照りが強いので、紳士の皆さま、彼女さんともにUV対策を怠らないよう気をつけましょう。
(帰った後「なんで日焼けしているの?」なんていわれたら、芋づる式にばれてしまいますから……)

移動手段も車一択、不倫はお金をかけるもの。

また、不倫のデートは場所だけに気を配ればいいわけではございません。移動中にもこの原則は適用されます。
したがって、ゆめゆめ電車やバスなどの公共交通機関を利用してはいけません。たとえ近場の外出であっても車を使いましょう。
また、遠出をする際、飛行機や新幹線をやむを得ず使う場合であっても、ビジネスクラスやグリーン車など“人目につかず、退屈させない”ことを最優先と考えましょう。

ここまで、不倫デートの判断基準を満たしているデートスポットを挙げてまいりましたが、中には「お金のかかる場所ばっかり。」と思し召しの方もいらっしゃることでしょう。
お気持ちはわかりますが、そもそも不倫は「経済的・精神的ともに余裕のある大人の男性」のみに許されているお遊びです。女性向けに筆者が執筆した不倫デートにかかるお金はぜひ男性に払っていただこう。でもお話していますが、愛人にお金を割けないのであれば不倫はしないべきなのです。

このようにお金がかかる不倫ですが、どうせ不倫をするのであれば「愛人にしたい女6ヶ条」が身についている物分かりがよく、才色兼備な女性と付き合いたいもの。そんな女性との出会いをセッティングしてくれるのが交際クラブです。交際クラブには実際の芸能人やモデルなどプレミア感あふれる女性が多数登録しております。
愛人がほしい、パトロンになりたい……そうお思いの際はぜひKohsaiにてクラブをお探しくださいませ。

 ブログランキングならblogram インフォブログランク