目黒川の花見を混雑ゼロで楽しむ裏技

雅叙園の下に楽園発見

昨日の記事では目黒雅叙園の「いけばな展覧会」をご紹介しましたが、今日は雅叙園の眼下を流れる目黒川のお話。
お花見シーズンに雅叙園から目黒川を眺めると、それはそれは美しい桜並木が見られます。
そうです、この目黒川、東京のお花見スポットとして知らない人はいないというほど有名なスポットなのです。

ここがすごいぞ、目黒川(お花見編)

megurogawa

池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋までの川沿い(約3.8km)に800本のソメイヨシノ並木が連なる目黒川。

もともと個性的なお店が多いのに加えて露店も多く並ぶため、お花見の時期は「ショッピングをしながらお花見デートをしたい」カップルに大人気なんです。
ショッピングと露店が楽しめるだけでも十分すぎるのに、さらに桜の開花シーズンは町内や商店街規模で多くの「桜まつり」が開催されます。

中でも

  • 目黒川桜まつり(目黒川と蛇崩川の合流地点で開催される桜まつり)
  • 目黒イーストエリア桜まつり

あたりは有名です。

日中のにぎやかなお花見ももちろんですが、日没~21:00の”ぼんぼり”ライトアップも目黒川でのお花見の醍醐味。
お店が閉まって、にぎやかさもほどほどになったころのお花見もしっとりと楽しめます。

[table id=9 /]

花いかだはいかが?

a0990_001026_m

そんなふうに散々おすすめさせていただいた目黒川ですが、雅叙園の記事でもご紹介した通り「桜は好きだけどお花見が嫌い」な筆者はなかなか足を運びません。
そう、「人が多すぎて桜どころじゃない!」わけです。
そんなわがままな筆者が目黒川の花見を楽しむ方法はないのか……

ありました。

「みんなが歩いてない川から桜を楽しめばいいんだ」

という筆者の短絡的かつわがままな気持ちをGoogle先生にぶつけてみたところ……もうありました「目黒川お花見クルーズ」。
筆者は「みんなと歩くのめんどくさい」という理由で検索しただけなのですが、クルーズにはさらなる魅力があります。

  1. 歩かなくていい
    横着・運動嫌い……それももちろんですが人が多いとペースも決められないので歩きにくいですよね
  2. 船に乗れる!楽しい!水門くぐりもできる!
    子どもみたいな理由ですが、ディズニーランドでアトラクションが人気なのと同じように大人だってアトラクション性を求めます
  3. 花のトンネルくぐれます
    目黒川沿いを中目黒から上流に向かって歩いていくと、徐々に川幅が狭くなり両岸の桜の枝が重なり合ってトンネルみたいになります。
    これを「くぐれる」のは川にいるクルーズ客だけだと思うとちょっとテンションが上がります。
  4. 花いかだが楽しめます
    地上で桜を見ると「散ったらおしまい」感満載ですが、クルーズなら散ったはなびらも「花いかだ」として雰囲気を盛り上げてくれます。
  5. トイレ探さなくて大丈夫です
    代々木公園の記事などでも話題にのぼるトイレ問題。
    意外と切実なこの問題も船内にトイレがあるプランなら一発解決です。

そんな横着さんにもそうじゃない人にもおすすめできる目黒川のお花見クルーズですが今回は中でも筆者が独断で「楽しそうだなあ」と思ったプランをご紹介します。

目黒川お花見クルーズ(昼・夜)

都内のクルーズ事業を多方面に展開している株式会社Zeal(ジール)が企画する目黒川のお花見クルーズ。
東京・横浜港の大小さまざまの船を用いて、クルーズコンサルタント資格を持った海に詳しいスタッフさんが、最適なパーティープランやデートプランを提案してくれます。

余裕のある紳士のみなさまのためのチャーター便ももちろんございますが、
「チャーターするほどでもないな」
とお思いのカップルさんや
「チャーターするまえに下見しておきたい」
という紳士の方には乗り合いクルーズがおすすめ。
おひとりさまから、お手ごろな価格(大人1名3,600円~)でクルーズをお楽しみいただけます。

[table id=10 /]

目黒川さくらクルーズ2016

NPO法人あそんで学ぶ環境と科学倶楽部事務局がおよそ10年前から開催している目黒川クルーズ。
10年前当時、「臭くて汚い」というイメージを目黒川が持たれていたころから継続してクルーズを行っています。

こちらのクルーズの魅力は

  1. 「日本橋」と「朝潮」2つの発着地からコースを選べる
    しかも日本橋なら隅田川の桜も楽しめて一石二鳥。
  2. 船内にトイレがある
  3. 飲食物の持ち込みはOK(※ごみは持ち帰りましょう)

の3つだと筆者は勝手に思っています。

[table id=11 /]

今回は目黒川のお花見クルーズについてお話してみましたがいかがでしたか?
お花見の定番中の定番スポットも少し視点を変えてみるだけで新鮮に写るかも……

 ブログランキングならblogram インフォブログランク 

2016-03-10

幸せな不倫をするために必要な5つのこと

「不倫は不幸にしかならない」は嘘。 「不倫は幸せにならないからやめるべき。」世の中の常識のように語られているこの言葉。たしかに世間のニュースや周囲の状況を見る限り、不倫が発覚してしまった男女は必ずと言

奢ってほしいなあ……と思ったときはまずチェック

男女平等「割り勘」が当たり前? 近年では「一億総活躍の時代」ともいわれ、男女平等が進む日本。 女性管理職やライフワークバランスという言葉も盛んに使われるようになってきていますが、男女平等は必ずしも「い

デートのポイントは「道聞かれ顔」をキープすること。

気づかぬうちに真顔になっていませんか? 前回の「20代半ば、あいさつには人を褒めるのと同じ意味があると知る。」では挨拶の意味合いをお伝えしました。 ビジネス・プライベート問わずに大切だ大切だと日々いわ

旦那に不倫がばれました、どうしたらいい?

意外とありがち……旦那に不倫がばれました。 不倫といえば「既婚男性×独身女性」という組み合わせを思い浮かべるかもしれませんが、近年は既婚の女性の不倫事情がピックアップされています。 パトロンになってく

交際クラブ口コミランキングトップへ