目黒雅叙園で「活けたお花見」を楽しもう

桜は好きでも花見が嫌いな人のための裏技です。

「開放感のある屋外で青空を眺めながらお弁当を食べる」イメージがもはやテッパン化しているお花見。
でも読者の皆さまのなかには、そうでなくても読者の皆さまの恋人のなかに

  • お弁当作るのめんどくさい(筆者はこれ)
  • 紫外線とか虫苦手
  • 人混み苦手
  • 長時間あそこでただただ座ってて何が楽しいの

のような理由でお花見を避けてしまっているという方はいらっしゃいませんか?
自称デート研究家の筆者ですが、「桜は大好きだけどお花見は苦手」の第一人者ですからその気持ち、よくわかります。

でもこんな筆者でもお花見を本格的に楽しめるスポットが目黒雅叙園
なんと、このお花見シーズンの最中2016/3/15(火)~5/15(日)まで「いけばなの展覧会」が開催されます

  • お弁当、要りません(雅叙園のレストランやカフェが充実してます)
  • 室内なので紫外線も虫もきません
  • お花見の場には必ずいる幼い子やカラオケをする人はいないのでうるさくありません
  • 天気に左右されません

つまり「お花は好きだけどお花見が苦手」な人の悩みをほぼすっきり解決してくれるのです。

「でも生で見られないんでしょ。どうせ生け花なんでしょ。」
たしかに生け花なのは認めざるを得ませんが、「いけばなの展覧会」は単純にお花見の面倒くささを軽減してくれるだけではありません。

「いけばな」だからできること

roses-757656_1280

なぜこの桜が外に咲き誇る中、あえて筆者は「いけばなの展覧会」をここまで推すのか。
その理由は3つあります。

「桜のいけばな」しっかりあります

こちらの公式サイトで2015年の作品実績も見ることができますが、桜のいけばなも桜のシーズンならしっかりあります
(※会期が長いので、4月中旬以降には桜のいけばなの数は限りなく少なくなってしまうのではないでしょうか)
素人ではなかなか活けることのない植物ですから、スケールも壮大。
いけばなですがしっかり「花見」ができちゃいます。

お花のプロ中のプロが大集結。

筆者もびっくりしてしまいましたが、この「いけばなの展覧会」、9週間の会期の間になんと51流派の作品を見ることができるんです。
「そもそも流派51もあったんだ……。」というところに驚いた筆者をお許しください。
筆者でも連想できる伝統的ないけばなから、前衛的な自由花までいけばなの世界を存分に楽しめます。
目黒雅叙園の公式サイトで流派の紹介を見ることもできますが、流派によってカラーも本当にさまざま。
みなさまもよく耳にする”池坊”や、インパクト絶大な假屋崎省吾さんがお花を学んだとされる”草月流”ももちろん見られます。

また、どの流派であっても出展してくださるのは当主・次期当主などの「流派の顔」クラスの華道家ばかり。
プロの中のプロの作品ですから、超一流に決まっています。

会場も「超一流」

超一流なのはお花だけではありません。
展示会場の目黒雅叙園の百段階段は、かつては「昭和の竜宮城」とも呼ばれていた東京都の有形文化財です。
百段階段は、かつての目黒雅叙園の3号館で、1935年の開園当初から現存する唯一の木造建築です。
晴れやかな食事や宴が催されていた7部屋が99段の階段がつないでいます。
当時の日本美術の最高峰に手掛けられた7つの部屋は、花をより美しくひきたててくれるでしょう。

もちろん自然に咲いている桜の木の下でお花見をするのも素晴らしいことです。
しかし、いけばなの展覧会は「いけばなだからこそできること」が目白押しなのです。

一見さんからヘビーなお花見ファンまで必見

昨年(2015)にも開催されていた「いけばなの展覧会」ですがお客様も日本文化に親しみたいという海外からのお客様からヘビーないけばなファンまで非常に幅広かったようです。
中には一度行ったら気に入ってしまって期間中何度でも使える「通期入場フリーパス」に乗り換えてしまったというかたもいらっしゃるのだとか。
大空の下でのお花見になんとなく飽きてしまった方や、外国人のパートナーをお持ちの方、海外からの出張で交際クラブをご利用の紳士のみなさまには特におすすめです。

どうぞこの機会に「いけばなの展覧会」をお楽しみくださいませ。

 ブログランキングならblogram インフォブログランク 

[table id=7 /]

2016-03-09

社内不倫のきっかけなんて、どこにでもあるの。

実は一番多い「社内不倫」 世の中の不倫の形は多々あります。飲み会で会った人がたまたま既婚者だった、バーで飲んでただけなのにナンパされた、PTAの保護者同士で、交際クラブで知り合って……などなど形は様々

東京ステーションホテル―「時」を感じるホテル―

究極の「駅チカ」、東京ステーションホテル 駅ナカ、駅チカ…そんな言葉が当たり前になってきた今、究極の駅近ホテルといえるのが、東京駅にある東京ステーションホテル。 東京駅丸の内南口改札から30歩という場

幸せな不倫をするために必要な5つのこと

「不倫は不幸にしかならない」は嘘。 「不倫は幸せにならないからやめるべき。」世の中の常識のように語られているこの言葉。たしかに世間のニュースや周囲の状況を見る限り、不倫が発覚してしまった男女は必ずと言

紳士モテの鉄則、「育ちの良さ」の簡単演出テクニック

モテポイントは「育ちの良さ」。 お金持ちで優しい紳士にモテたい、そんな淑女のみなさまのお願いを叶えてくれる交際クラブ。 交際クラブの男性会員様は、社会的地位の高い方が多くいらっしゃいます。 そんな方々

交際クラブ口コミランキングトップへ